歓びのコスメ

乳液・美容液など

美容液の使い方・選び方! 今さら聞けない美容液のキホンを解説します!

美容液の使い方・選び方! 今さら聞けない美容液のキホンを解説します!
こんにちわ!MAKOです。

今回は、「歓びのコスメ」専属の美容専門家であるRINA先生に「そもそも美容液って何よ!?」という今さら聞けない美容液の素朴なギモンをお聞きしていきたいと思います!

これを読めば美容液をいつ使えばいいのか、どう使えばいいのかが分かりますよ!

それではRINA先生、今日は美容液について基本的なギモンをお聞きしますのでよろしくお願いいたします!

MAKOさんこんにちわ!RINAです。
美容液って毎日のスキンケアルーティンとしてなんとなく使っている感じがありますけど、どんな働きをもっているのか、どう使うべきなのか。しっかりとした意識をもって向き合うことが大切なんですよ。
確かに結構なんとなく使ってる感じはありますよね。とりあえず美容液は使わんと!みたいな。笑

ところで、RINA先生、美容液ってなんであんなに値段が高いんですか?

笑。美容液の値段が高い理由は、希少価値の高い原料が使われていたり、化粧品の効能が高く期待できる成分がたっぷりと配合されているためです

また、「キレイになれそう」とイメージさせる重要なファクターとして、ボトルやパッケージにも重厚な高級感が演出されてますよね。

たーしーかーにー!宝石みたいなボトルに惹かれて欲しくなっちゃったりしますもんね。

でも、値段が高い理由は希少な成分が配合されているためなんですね。

おっとっと、大事なことをいきなり聞き忘れました。

そもそも美容液ってどういうものを指すんですか?

今の値段が高いというお話にも繋がるのですが、美容液は美白、保湿、エイジングケアなど、目的に応じた成分が高濃度で配合された基礎化粧品のひとつです。

リッチでありながらベタつかない使い心地で、美容意識の高い日本女性からの高い支持を集め愛用されているアイテム。

そのため、各ブランドが最新の研究成果を美容液に注ぎ込む傾向があるんです。

ワンランク上の美肌を目指すために欠かせないスキンケアアイテムですよ。

なーるーほーどー!

でも、美容液ってそういう理由でなかなか手に入れにくかったりして、ある程度年齢を重ねてから使うっていうイメージがあるんですけど、美容液は何歳から使い始めるべきなんですか?

いえいえ、美容液を使い始める年齢に、決まりはありません。

いつものお手入れに物足りなさを感じた時や、こうなりたい!という魅力的な肌に近づきたい時に、必要に応じてプラスすればいいんですよ。

にゃるほど!必要に応じてということなんですが、日常生活ではどのタイミングで使うのがいいですか?
MAKOさん、だんだん前のめりになってきましたね。笑

美容液使用のタイミングは、朝&夜の洗顔後、化粧水で肌を整えた後に使い、その後、季節や肌の状態によって乳液やクリームを足すというのが、最も一般的です。

ただ最近では、スキンケアの最初に使って、肌を柔らかく整えることで後に使うアイテムへ継ぐ目的の「ブースター美容液」や「朝・夜専用」、メイク下地を兼ねてスキンケアの最後に使うものなど、その形態は多種多様になってきています。

肌やライフスタイルに応じて、賢く使い分けたいところですね。

そーなんですよ!!「ブースター美容液」って最初聞いたときなんか肌がすごい進化しそうなイメージがあったんですが、そういう意味だったんですね。笑

そんな多種多様な美容液の世界ですが、どうやって選べばいいのですか?

お肌の悩みといっても、美白、ハリ、キメ、うるおい、などなど色々ありますよね。

美容液ほど、具体的な悩みに応じて細分・特化されたスキンケアはないんですよ。

今の自分の肌に必要な美容液を見つけるのは難しいことではないはずです。

複数の悩みが混在する肌や、今の美肌をキープしたいなどの場合は、美容部員さんに相談するのもいいでしょう。

また、目的や肌との相性はもちろん、香りやテクスチャーなどの使用感もあなどれません。スキンケアは“続ける”ことで変化が得られるものなので、サンプルなどで試してみて、「心地いい」と思えるものを選ぶことが大切です。

なるほど!ではいろんな美容液を併用しても問題ないんですか?たとえば美白美容液とエイジングケア美容液を併用するみたいな感じです。
欲張って一度にいくつもの美容液を重ねづけしても、ムダになってしまう可能性が大きいです。

朝と夜で美容液を使い分ける、ベーシックケアを美白ラインで揃えエイジングケア美容液をプラスするなど、ポイント的にとり入れるのがおすすめですよ。

なるほど~!美容液を使うにあたっては、同ブランド、同ラインで揃えるべきなんですか?
必ずしも揃えなければダメということはありません。でも、各ブランドには、それぞれのスキンケア理論があり、商品はその理論に基づいて開発されています。

成分の配合バランスや相性などを考えると、同ブランドのライン使いはやはりおすすめですよ。

美容液といってもマルチパーパス、ラグジュアリー、オイル、美白、夜用、アイゾーン、パーツ別、頭皮&髪用とさまざま。

化粧品売り場で相談すればブランドのビューティアドバイザーが的確に教えてくれますので、いきなり購入せずに、まず自分のお肌の悩みを相談してみることをオススメします!

ファンデの上から保湿OK!?メイク映え美容液の世界

最近では、美容液の役割もスキンケアだけにとどまらなくなってきています。

MAKOさんは毎日のメイクの完成度を高めてくれる“メイク映え美容液”ってご存じですか?

ええっ!?なんですかそれ?
エアコンが効いていると、乾燥してファンデが寄っちゃったりするじゃないですか。そんなときにファンデの上から塗って保湿できたりするスゴい美容液です。
なんと!そんなスゴいものがあるなんて知りませんでした。
それでは最後に、美容液=スキンケアの常識を覆す、オススメの「メイク映え美容液」をご紹介しますね。

乾燥なんて怖くない!“ファンデの上から保湿OK”な美容液

イプサ/ザ・タイムR デイエッセンススティック

イプサ/ザ・タイムR デイエッセンススティック
イプサ/ザ・タイムR デイエッセンススティック
エアコンの効いたオフィスで1日を過ごした肌は、乾燥してキメが乱れがちな状態になってしまいますね。

そんな肌の上ではファンデーションも当然くずれやすく、ヨレたりシワが寄ったりしがちです。

そんな日中乾燥に、集中的なうるおいケアで立ち向かうのが〈イプサ〉のスティック状の美容液。

スティック形状では難しいと言われてきた、うるおい保湿成分を約65%という高濃度で配合しています。

スルッとひと塗りすることで、ファンデのノリをアップして乾燥ヨレ対策に!

TIPS! メイク直しと同時にうるおいリタッチ
汗や余分な皮脂を押さえた肌に、ファンデの上から直接塗り!メイクポーチに楽々収まるスリムデザインも◎。

イプサ/ザ・タイムR デイエッセンススティックを楽天で探す!

ツヤ感プラスでメイク映え!トレンド感を主張するツヤ肌を演出

M・A・C/プレップ プライム ケア ブレンド エッセンシャルオイル

M・A・C/プレップ プライム ケア ブレンド エッセンシャルオイル
M・A・C/プレップ プライム ケア ブレンド エッセンシャルオイル
世界のファッションウィークのバックステージから最新メイクトレンドを発信し続けるブランド〈M・A・C〉。

今回エントリーするのは、植物のめぐみをたっぷりブレンドしたエッセンシャルオイルです。

メイク前の肌にうるおいを届けるスキンケアオイルとしての使用もアリですが、いちばんのおすすめは「ファンデーションとのコンビ使い」。秋冬ファッションに似合う、モードなツヤ肌を演出してくれます。

TIPS! ベースの仕上げにツヤのハイライトを+
指先にとって、頬骨、鼻筋、眉下などのハイライトゾーンに、ファンデの上からなじませます。〈M・A・C〉ならではのユニークな使用法です。

M・A・C/プレップ プライム ケア ブレンド エッセンシャルオイルを楽天で探す!

肌を引き締めてメイク映え!Tゾーンを中心にケアして“涼しげ美肌”をゲット

アウェイク/セラム ゼロシャイン

アウェイク/セラム ゼロシャイン
アウェイク/セラム ゼロシャイン
気温・湿度の上昇などによって引き起こされる乾燥や時間の経過とともに起きる皮脂によるメイクくずれ。

このメイクくずれの最大の要因は、天然ミネラル「ミョウバン」を配合した〈アウェイク〉の肌引き締め美容液で対策!

朝、メイク前に塗ると皮脂吸着パウダーが過剰な皮脂を吸着。

天然の香気成分サイプレスの爽やかな香りで、気分も和らぎリラックスできます。仕事も肌も抜かりのない、クールビューティを目指す方にオススメの一本です。

TIPS! 朝メイクの前にTゾーンを中心に「仕込み塗り」
Tゾーンや頬など、肌を引き締めたい部分になじませて。サラッサラのテクスチャーが肌に心地いい!

アウェイク/セラム ゼロシャインを楽天で探す!

これだけ知れば大丈夫! 美容液用語 辞典

マルチパーパス【まるちぱーぱす】 1本で、保湿、ハリ、ツヤ、肌引き締めなど、さまざまな悩みに働きかける。
エイジングケア【えいじんぐけあ】 年齢によって起こる肌の変化に応じたケア。
角層【かくそう】 表皮の一番外側にある約0.02㎜の層。外部からの異物の侵入や水分の蒸散を防ぐバリアの役目を果たしている。
ツヤ【つや】 水分をたっぷり保持した肌が光を反射することで生まれる、輝き=透明感のこと。
テクスチャー【てくすちゃー】 美容液の使い心地を左右する質感・感触。とろみのあるローション、乳液、ジェルなど剤型によりさまざまな質感がある。
ハリ・弾力【はり・だんりょく】 ふっくらとしたハリ・弾力を与えることで美しい肌へ。
肌引き締め【はだひきしめ】 肌をすっきり引き締めること。
美白【びはく】 メラニンの生成を抑え、紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐこと。
保湿【ほしつ】 角層にうるおいをチャージすることで、皮膚の水分を補い保つ、スキンケアの基本のキ。
有効成分【ゆうこうせいぶん】 「医薬品」や「医薬部外品」に含まれる、目的の効果を表す成分。美白*2美容液のビタミンC誘導体などが有名。
URL
TBURL

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top